判決偽造の白井裕之弁護士(大阪)起訴事実を認める

21日付で読売新聞は『「敗訴なし経歴」汚点恐れ、判決文偽造の弁護士』として以下の記事を配信した。

 

民事訴訟の判決文を偽造して顧客に渡したなどとして、有印公文書偽造・同行使、業務上横領罪に問われた大阪弁護士会所属の弁護士・白井裕之被告(59)の初公判が21日、大阪地裁(西野吾一裁判長)であり、白井被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

 起訴状によると、白井被告は大阪府内の建設会社側から依頼された損害賠償請求訴訟などを起こさずに放置し、2013年10月以降、判決文など5通を偽造して同社側に交付。さらに、別の依頼人から委任された不動産売却手続きで14年4月から今年5月にかけて、預かった売却代金約2800万円を着服したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、偽造の動機について「不利な訴訟と感じ、敗訴がないという自身の経歴に汚点がつくと考えた」と主張。横領した金は、自宅ローンの返済などに充てたと述べた。

 

引用以上

 

判決偽造に横領という、弁護士にあるまじき行為を行った白井弁護士は刑事被告人として法廷に立っているのである。偽造の動機として「敗訴がないという自身の経歴」に「汚点がつく」と述べているようだが、民事訴訟を多数扱う弁護士で「敗訴」が一度も無いことなど筆者には考えられない。当たり前だが、弁護士の腕もあるだろうが、白を黒に変える事は不可能なのだから、裁判の行方は依頼者次第なのである。そんな事からも白井弁護士の言い訳は虚偽であり、動機は「横領」が目的であったと判断するべきであろう。不利な訴訟で敗訴しますよと依頼者に説明して受任を断るという選択肢があったにも関わらず、カネを着服したのだから、白井弁護士の弁明が嘘である事は間違いないのである。

以前にも書いたが、判決を偽造する弁護士は結構存在するのである。その動機は100%カネがらみである。着手金を受領して訴訟が進行しているフリをしている弁護士が多いという事だ。呆れるしかないが、ワープロ(ワープロソフトではない)で判決文を偽造した弁護士も存在するのである。

20日付で読売新聞1面で報道されたとおり、弁護士による横領被害は増加傾向にあり被害額も増加している。これは国民の信託に基づくはずの弁護士自治が機能していない事と、「弁護士の弁護士による弁護士の為の弁護士自治」であり、国民の利益にならない自治でしかない事を原因にしている事は何度も筆者が述べているとおりである。

何度でも繰り返すが、弁護士個人の裁量に委ねられる「預り金」制度を廃止し、「カルパ制度」を導入したうえで、弁護士懲戒に関しては「同僚裁判」を脱却すべきなのである。

このままでは、さらなる弁護士による犯罪行為の増加が予測される。日弁連・各単位弁護士会は真剣に「自治」の見直しを考える時期に来ている事を自覚してほしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中