金密輸の急増に関わる詐欺集団 徹底的な取り締まりを

産経ニュースは、金密輸の急増について11月10日付で下記のリンク記事を掲載している。

 

急増する金密輸、消費税分がまるまる利益に 制度悪用の“錬金術”、暴力団のシノギにも?

 

この記事中にあるように、金の密輸は暴力団などの関与もあるようであるが、金密輸に関与しているものは特殊詐欺グループや、シンガポールなどに移住している悪質出会い系サイト関係者や詐欺的なアフィリエイト教材の販売を行っていた連中の「シノギ」になっているのである。

上記記事では、密輸の実行者は「闇バイト」などとして集めているとあるが、最近はヤミ金関係者が債務者に香港に渡航させ金を購入させたりするケースも増加しており、このような密輸に関与する連中の背後には「犯罪組織複合体」が存在するようだ。

詐欺的なアフィリエイト教材を販売していた豚のような男の背後には、暴力団や振り込め詐欺集団が関与していたことは事実で、現在この豚の関係者らは金の密輸に勤しんでいるらしい。また、このような金の密輸をめぐる詐欺集団内で、主導権をめぐり争いも起きているらしく、遺憾なく「カネの亡者」ぶりが発揮されているようである。

現在、金の密輸に関して刑事事件になることは少ない。しかし、上記のような状況を鑑みて、法律を改正し厳罰を与えるべきなのだ。金密輸の徹底的な取り締まりを行う事が結果的に特殊詐欺グループの撲滅にも役立つことになるのは間違いない。現在でも、密輸者の背後関係を徹底的に調査すれば確実に背後の犯罪集団の存在は明らかになるのだから、組織犯罪としての摘発を行うべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中