薬物犯罪者は更生不可能 初犯時からの極刑を

毎日新聞は6日付で「<覚醒剤>乳児に投与し殺害容疑 母親の知人逮捕 熊本県警」として以下の記事を配信した。

 

熊本県警は6日、知人女性の生後3カ月の長男に覚醒剤を投与して殺害したとして、熊本県益城町宮園、自称会社員、吉村天翔(てんしょう)容疑者(24)を殺人と覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕した。

 

  逮捕容疑は9月4日未明ごろ、熊本市東区のラブホテルの室内で、無職の20代女性=熊本市南区川尻=の長男、西田悠真(ゆうしん)ちゃんに覚醒剤を投与し殺害したとしている。県警は認否を明らかにしていない。

 

  県警によると、吉村容疑者は9月4日午前3時ごろ、知人女性と悠真ちゃんの3人でホテルにチェックインした。同日午後0時半ごろ、知人女性が「生後3カ月の子供が泡を吹いて固まっている」と110番。警察官らが駆け付けた時には悠真ちゃんは既に心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は覚醒剤による中毒死だった。

 

  知人女性が110番した時には吉村容疑者はホテルから立ち去っており、女性が寝ている間に覚醒剤を投与したとみて調べている。覚醒剤を投与した方法や動機については「捜査中」としている。

 

  吉村容疑者と知人女性はその後の採尿検査で陽性反応が出たため、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されて起訴され、熊本地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けている。

 

引用以上

 

いつも筆者は特殊詐欺関係者と薬物事犯の関係者は絶対に更生不能であると主張している。薬物中毒者が、薬物を断ち切ることは困難極まりなく、そもそも薬物に手を出す時点で「人間失格」なのである。

以前にTVの公共広告で「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?」という俊逸なものがあったが、現在は覚せい剤を含めた様々な薬物を「青春の1ページ」と考えている馬鹿者も多い。アメリカでは映画やドラマで違法薬物を「青春の1ページ」のように描写するものが多いが、外専女や夏でも暑苦しいニット帽をかぶっているようなバカ男がそのような描写に憧れ「ドラッグは当然だよ」「クラブカルチャーにドラッグは付き物」などと言って薬物は蔓延していくのである。地方都市では「センパイ」から教えられてなどと言う事案が多い。高校生の頃から違法薬物と売春に手を染めるものが多いのも地方の特徴である。

いずれにしても違法薬物の蔓延は我が国の治安を乱すばかりでなく、毎年のように発生する違法薬物常習者による無辜の市民への犯罪行為・重大事故などから考えれば、徹底的な取り締まりと薬物関係者に対して厳罰を与え抑止力とするしかないのだが、現実は薬物犯罪者に下される罪は非常に軽いものである。

当初引用した記事の殺人容疑等で逮捕された吉村天翔容疑者と、亡くなった子供の母親は覚せい剤取締法違反で逮捕起訴されたが、執行猶予判決を受けのうのうと社会に戻っていたのである。

生後三か月の赤子といっしょにラブホテルで薬物を使用していた人間たちに更生の余地などあるのであろうか?ある報道では、亡くなった子供が泣き止まないので、吉村容疑者が「あぶり」で覚せい剤を子供に煙を吸引させたとの情報もある。

覚せい剤取締法は、自己の使用に関しては「10年以下の懲役」(覚せい剤取締法41条の3第1項)と定められているが、初犯であれば「即決裁判」で執行猶予判決が下されることが多い。覚せい剤や違法薬物の害悪と現在の蔓延の状況や使用の低年齢化を考えれば、覚せい剤に限らず薬物犯罪者には最低懲役10年の判決として、再犯者は死刑で問題ないのである。薬物中毒者など社会に害しか与えないのだから多くの国民は納得するのではないだろうか?

違法薬物に対する刑罰を厳罰化しなければ、今後も違法薬物は蔓延し続けるだろう。そのためには違法薬物の取引を行う暴力団や半グレ関係者に対してもさらなる厳罰化が必要であろう。とにかく日本の薬物事犯に関する刑罰は甘すぎると判断せざるを得ないのである。

“薬物犯罪者は更生不可能 初犯時からの極刑を” への1件のフィードバック

  1. 日本の刑法では、犯罪行為に対して、あまりに罰則が軽すぎます。特に最近犯罪として突出している特殊詐欺に対しては軽すぎるからこそ、舐められているのです。電話を掛けただけ、金を受け取りに行っただけでも、最低10年からという実刑にすべきだし、主犯は30から50年ぐらいの刑に処すべきです。「えっ、こんなに重いの?」と言ううぐらいで、やっと思いとどまる効果が出るのです。仮釈放なんてとんでもない、全て満期です。一度そういうことをすれば人生は終わりだというぐらいの厳罰にすることが、犯罪の抑止力になるのです。また、覚せい剤に関しては、最近持ち込んだ者が「知らなかった」と言えば無罪判決になるケースも多くなり、知らなかったが流行しているようだ。初犯の場合は大抵が執行猶予である。初犯と言っても、見つかるまでに何年も使用したり、100回も打った者もいよう。本人自白で数回ですと言えば、それが通るのである。本当に撲滅を考えているのであれば、初犯で10年以上とすべきなのである。そうすれば、確実に犯罪は減るのである。非合法ドラッグも同じである。これからも、どしどし、特殊詐欺犯罪の告発と実名暴露、それらを支援していると思われる程の、飼われた弁護士、金の亡者弁護士の追及をお願いします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中