弁護士「宮刑」事件の公判について 被害者弁護士の傲慢の代償

26日付で報知新聞は「局部切断ボクサー、動機は妻の不倫 犯行前日に「台本」作成」として以下の記事を配信した。

 

今年8月、弁護士の男性(42)の局部を切断したなどとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われた元プロボクサーで元慶大法科大学院生・小番一騎(こつがい・いっき)被告(25)の第2回公判が26日、東京地裁(安東章裁判官)で開かれた。

  検察側は冒頭陳述で、被告の妻(以下、妻)と被害者の間に肉体関係があったとし、トラブルに発展したとした。

  検察側によると、小番被告と妻は2012年6月に結婚。14年5月、妻は被害者が共同経営する弁護士事務所の職員として採用された。同年末に被害者との不倫関係が深まったという。

  約7か月間、何度も食事やカラオケの後にラブホテルに行くなどしていたが、7月中旬頃から関係が冷え込み、妻は夫の小番被告に「セクハラの被害を受けて悩んでいる」と相談した。さらに「(被害者と)肉体関係を持った」と告白すると、被告は「民事訴訟、弁護士懲戒請求をする」などと憤慨。新宿警察署に被害届を提出に行ったが、証拠がなく断念した。

  小番被告は、その後、妻に対して被害者との関係を問い詰めるようになる。妻は「拒み続けたが、抵抗できなかった」と話したが、被告は「俺だったら拒絶していたと思う」と残念がっていたという。

  犯行前日、小番被告は「台本」というタイトルをつけた文章を作り、「(妻への)強姦行為に対して、どう責任とるのか」、「絶対、許さねぇぞ」などと書いた。

  そして、8月13日午前7時すぎ、小番被告と妻は、被害者の弁護士事務所に向かった。被害者はすでに出勤しており、イスに座っていた。被告は「台本」のコピーを手に「謝罪しろ」と詰め寄った。被害者が「無理やりしてない」と応じると、被告は「5、6発殴っていいですか」と怒りを抑えきれない様子で、突然左右のゲンコツで数回殴打。被害者はあおむけになり失神。その間に、被告は被害者のズボンを下ろし、枝切りハサミで局部を切断し、近くのトイレに投げ捨てた。

  意識を取り戻した被害者が、真っ赤な股間を見て錯乱状態になり「ここどこ? なんで血出ているの」などと叫ぶと、小番被告は「強姦(ごうかん)したでしょ」と笑みを浮かべ眺めていたという。被害者は病院に搬送され、緊急手術が施されたが、陰茎は1センチほどしか残っていなかった。翌日退院したが、小便用の便器を利用することが出来ず、現在も激痛が走ることがあるとされる。

 

  起訴状によると、8月13日午前7時40分ごろ、東京都港区の法律事務所で男性の顔をゲンコツで数回殴り、持っていたはさみで局部を切断し1年間の加療期間を要する大けがを負わせた。弁護側は、加療期間について争う姿勢を見せている。

  10月28日の初公判で、弁護側が検察側の冒頭陳述が「詳細すぎて、不相当だ」と主張し読み上げ中止になったことを受け、この日、改めて検察側は簡略化した冒頭陳述を検察側が述べた。

 

引用以上

 

この事件について以下のサイトが被害者弁護士と小番容疑者の妻の不倫関係を詳細に明らかにしているので、興味のある方はご参照されたい。

 

局部切断の小番一騎初公判で発覚!異様な現場と動機(詳細!) 

 

妻子ある弁護士が既婚者である事務員女性を食事に誘うなどして不倫関係に陥り、デートを重ねプレゼントをして情事を重ねていたが、二人の関係は不調となり、この事務員女性の夫であった小番容疑者に、女性が弁護士から「セクハラ」「関係の強要」をされたと話したことから、この事件が発生したわけである。

この3人で面談時の被害者弁護士の小番容疑者への態度は傲慢な対応と言わざるを得ないであろう。不倫関係が女性との間であったことは事実なのだから、そのことを謝罪すればここまでの被害は受けなかったのではないだろうか?被害者弁護士は小番被告が殴ると言い出すと、「君のためにならないよ」と述べたそうだが、そんなことは分かったうえで小番容疑者は弁護士事務所に乗り込んできたことぐらい分からなかったのであろうか?または小番容疑者が法科大学院生であるということから「なめきって」このような言動に及んだのではないだろうか。この被害者弁護士は自らの不貞行為を詫びもせず職業で使う「弁舌」「論理」で相手を納得させられず結果として暴力で小番容疑者に「制裁」を受けたのである。

小番容疑者は自分の行動が刑事事件として裁かれる事になることは理解していたうえで被害者弁護士を「宮刑」に処したのであろう。

しかし、被害者弁護士が「手術を受けたが、今も時折激痛が走る。小便器で用も足せない」としたうえで現在も通院治療中で、女性との性交渉もできなくなったと述べているようだが、みっともないにも程があるだろう。この被害者弁護士が受傷した事は、自らの火遊びが原因なのだから、自分から小番被告の刑の執行を猶予するよう申し述べたりすれば、男らしいと思うのだが、そんな気持ちは無いようである。

確かのこの被害者弁護士が小番被告から暴力を受けたことは事実であるが、激痛が走ったり小便器で用が足せなくなったことに同情をする人間はごく少数であろう。「有能感」「自己肯定感」が強く、既婚の同僚にちょっかいを出した、この被害者弁護士は一人の乱暴者に制裁され、加害者よりも社会的な制裁を受けたのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中