ヤメ検への依頼者の期待を現実化した横浜弁護士会所属の中津川彰弁護士に戒告の懲戒処分

12日付で朝日新聞デジタルは「容疑者の妻連れ検事総長に面会 元検察幹部の弁護士処分」として以下の記事を配信した。

元最高検幹部の男性弁護士(80)が、2013年に担当することになった事件の容疑者の妻を連れて、当時の検事総長らと面会したなどとして、所属する横浜弁護士会から戒告の懲戒処分を受けた。弁護士会は「元検察官としてのキャリアや人脈などを強く印象付け、刑事処分の公正に対して疑惑を抱かせる行為」としている。

日本弁護士連合会の資料によると、男性弁護士は13年6月、強制わいせつ容疑で逮捕された男性の弁護人に選任された。男性の勾留中に、男性の妻とともに事件を担当する検察官やその上司、検事総長らと面会した。また、受任時に報酬の説明を十分にしなかったり、男性の意思を確認せずに「罪を認めて深く反省」とする誓約書を担当検察官に提出したりしていたという。処分は7月8日付。

弁護士は、札幌地検検事正や最高検総務部長などを歴任。退官後の05年に弁護士登録した。

引用以上

この元最高検幹部の男性弁護士とは横浜弁護士会所属の中津川彰弁護士である。すでにこの懲戒処分については自由と正義に掲載されている。

http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/35643273.html

上記リンクに掲載されている懲戒処分の要旨の中に

懲戒請求者が勾留されている間に懲戒請求者の妻を帯同して担当検察官やその上司である検察官、更に検事総長や検察幹部と面会し、被懲戒者の元検察官としてのキャリアや人脈等を強く印象付け、刑事処分の公正に対して疑惑を抱かせる行為を行った

との記載がある。この内容ははっきり言えば被疑者・被告人やその関係者が「ヤメ検」に期待している内容である。

刑事処分の公正さに疑惑を抱かせる「期待」が依頼者が「ヤメ検」に高額な着手金や報酬を支払う理由であることは間違いない。中津川弁護士は、そのような依頼者らの期待に応える行動を取ったのである。依頼者との間の報酬のトラブルなどが無ければ、きっと「感謝」されていたに違いない。

法治主義においては「法の下の平等」の原則が大原則であり、「秋霜烈日」のバッジの精神を歪めるような「人治」が介在することは許されないのである。しかしながら、「ヤメ検」への依頼者の多くは「ヤメ検」の古巣への影響力に期待して依頼する者が多いのも事実である。

そんな期待に応えた中津川弁護士には「戒告」という激甘の懲戒処分が下されたのである。「法治」を歪めようとした、元最高検総務部長に対する処分として適当ではないことは明らかである。

またヤメ検に、古巣への影響力を期待するような事は法治を歪める問題であることを、日弁連・各単位弁護士会は大いに国民に啓発すべきであろう。

“ヤメ検への依頼者の期待を現実化した横浜弁護士会所属の中津川彰弁護士に戒告の懲戒処分” への 1 件のフィードバック

  1. 中津川先生、卓照法律事務所退所後藤沢で個人事務所を開かれたと聴いている。
    関内の村田恒夫弁護士代理人として住吉会トップを訴えて300万の和解金を得たとか。
    実質原告は増田組佐藤信、実質被告は鹿島建設。
    村田恒夫弁護士は佐藤信と共に鹿島建設を揺さぶったとも取れる。
    最近、警察インターポール情報が流出、ブルネイ警察や日本警察をけん制する記事が四国タイムスという札付きのヤクザがそれを利用した。
    東邦グローバル高橋誠@久間章生が100億以上の出資金詐欺とも関係。
    どちらもどちらとはいえ、卓照の中津川弁護士も古巣をわきまえないと遺憾と思います。
    自殺した森田に近づいている。残念です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中