弁護士などに関する自由な議論・批評を

弁護士の使命及び職務について弁護士法は

第一章 弁護士の使命及び職務

(弁護士の使命)

第一条   弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。

2   弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。

(弁護士の職責の根本基準)

第二条   弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない。

(弁護士の職務)

第三条   弁護士は、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によつて、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする。

2   弁護士は、当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる。

以上のように定めている。

基本的人権を擁護し、社会正義の実現を使命として、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならないと定めてれているのだから、この使命を忘れた弁護士を批評することは大切な事である。

弁護士は弁護士法の使命から考えれば当然のように「公人」であり、その職務が批評の対象になることは当然のことであると受け止めねばならないはずである。

そのような意味から、弁護士についての批評・議論は大げさに言えば民主主義を維持し、法の支配の公正さを保つためにも絶対に必要なのである。

今までは司法ジャーナルに弁護士自治への問題提起や、悪徳・欠陥弁護士情報を投稿してきたが今後は当ブログで情報発信を行うことにした。

欠陥弁護士・悪徳弁護士・犯罪弁護士に関する情報や国民に利益に相反する弁護士自治の問題などについて、粘り強く情報発信をしてゆく所存です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中