特殊詐欺・悪徳商法と弁護士

筆者は今年の9月7日付で司法ジャーナルに「特殊詐欺と暴力団 様々な事業に流入する特殊詐欺の犯罪収益金」として以下の投稿を行った。

3日付で現代ビジネスに溝口敦氏は「ヤクザ崩壊、「半グレ」勃興!あなたの隣に潜む新たな犯罪集団の実像とは?」という記事を掲載している。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45003

この中で、現在の詐欺関係者や危険ドラッグ関係者に、元ヤミ金関係者が多いとの内容がある。そのような事実は、様々なところで指摘されていたことで目新しい意見ではないが、「大金を握って正業に紛れ込む」のが、詐欺関係者の考え方という指摘がある。これはまさに指摘のとおりであり、SFCGの支店長から融資保証金詐欺に転業し、アイドルグループを立ち上げた芝にも当てはまるだろう。この芝は、融資保証金詐欺を行っていた時に、旧マンハッタンインベストメント元社長の松尾の「ケツ持ち」だった当時暴力団員の坂井寛隆と深い関係があったことは事実である。芝は、溝口の指摘のとおり「大金を握って正業に紛れ込んだ」のである。とはいえ、関係者が危険ドラッグを使用したりしているのも事実であり、このアイドルグループの営業手法は極めてエゲツナイものであり、やはり「カネの亡者」の性根は変わらないのであろう。

元ヤミ金の関係者は、架空請求・振り込め詐欺・投資詐欺(未公開株・社債・通貨など)を繰り返し手を替え品を替え繰り返す。カネになれば何でもやるのである。そして稼いだカネは、ほぼ特殊詐欺組織のトップに収奪されるので、末端は騙し取ったカネをごまかし懐に入れることが多くなる。そうすると、詐欺組織は容赦のない制裁を末端に加えたり、暴力団を使って犯罪収益の着服者や持ち逃げした人間を「追い込む」事が多いのである。

その結果として暴力団同士のトラブルになる事も最近は多いようだ。現在の暴力団に「任侠道」や「義侠心」を求めることは無理な相談なのである。

特殊詐欺関係者やチンピラは「闇金ウシジマくん」が大好きである。振り込め詐欺の「出し子」の統括役として逮捕された地下格闘技団体「野蛮一族」(このネーミングだけで笑えます)代表の吉田武生は、この漫画の作者から取材を受けたことをご自慢していた。
http://matome.naver.jp/odai/2138923071518137701/2138923230919123603

悪を切り取り描写するのも小説・漫画の一つの手法だろうが、この漫画には社会・人間に対する深い洞察が欠けており、非常にムナクソ悪い。チンピラどもには、参考書および自己肯定の書となっているのだろう。

こんな薄っぺらいチンピラどもは、犯罪収益を「キャバクラ」で浪費しタワーマンションに住み、「お誕生会」や「パーティー」を繰り返し「絆」を深めるのである。しかしその犯罪の「絆」は簡単に「カネ」の取り分を巡って崩壊する。そりゃそうだ、こいつらの頭の中には「カネ」しかないのだから。こんなチンピラと自称カリスマの「社長」さんたちがつるんで、犯罪収益を大して正業とも思えない正業に突っ込んで「社長」なんかになって「セレブ」ごっこをするのである。良い例が敬天新聞が追及している鎌田和彦だろう。

http://keiten.net/paper/2705/206-1.html

経営者であるにも関わらず会社の経営よりも自らが「セレブ」とか「カリスマ」と呼ばれることに生きがいを感じるタイプの見栄っ張りが多くなってきたのだ。そして見栄の張り方も人まねで「ブランド品」や「高級車」で、今はやりの大して美味くもない店に行かせてもらい、今はやりの服なんかを着させてもらい、自分で「○○を」こよなく愛するなんて言ってしまったりするのである。要するに中身が無いのだ。種村季広は「プソイドロギー」(徘徊老人の夏に収録されています)という小文の中で、無声映画時代の活弁士である山田夢男について語りながら以下のように述べている。

「プソイドロギーという学問があって、主に嘘つきの心理を対象にする。それによると嘘つきは中身ががらんどうなので、それを隠蔽するためにいやに派手やかな外面を飾るのだそうだ。有名人の名を騙る。権威の虎の皮を着る。」

「山田夢男はいくらかヴァーチャル・リアリティー好きの現代人に似ている。中身ががらんどうなので、だれにでもなれる。すなわち山田夢男を元祖としてアマチュア総タレント時代がはじまり、みんながみんなのカラオケをエコーしあっている。みんなががらんどうになってしまったのかもしれない。おもしろいですか」

種村の言うとおり、芝が立ち上げたアイドルグループはまさに「がらんどう」でしかないので、エゲツナイ手法で商売をするのである。大量にCDを買い込む人に聞きたい「おもしろいですか」

そして「がらんどう」で同調圧力に極端に弱い連中が、「特殊詐欺関係者」自称「セレブ」や「カリスマ」そして代紋をカネで買う「暴力団員」や任侠道を忘れた「暴力団幹部」なのであろう。みなさん身なりやグルメや車には、どっかで聞いたような一家言を持っている方たちばかりである。

どっかで聞いたような一家言を吐いて自分に酔う「がらんどう」のバカモノ達を診断すると以下の症例であることに間違いはないだろう。

演技性パーソナリティー障害
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E6%8A%80%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

こんな連中は何度も述べている通り「更生不能」である。特殊詐欺関係者には徹底的な厳罰を与えるべきであること、詐欺に関与する暴力団は徹底的な壊滅を図るべきであることは言うまでもない。

再掲以上

上記の投稿で触れたチンピラ地下格闘技集団兼犯罪集団「野蛮一族」の代表者の吉田武生が保釈されているようである。

この吉田は

http://urashakai.blogspot.jp/2014/01/blog-post_29.html

上記のリンクの通り、振り込め詐欺の被害者をバカ扱いする刑事被告人である。

この吉田を含む特殊詐欺関係者が昨年10月に依頼者の預り金約1億5千万円を横領しすべて費消したことにより第二東京弁護士会より「除名」処分を受けた藤勝辰博弁護士と深い関係にあったことが確認されている。

藤勝弁護士のように、依頼者のカネに手を出す弁護士の多くは実質的な「犯罪幇助」や「証拠隠滅」的な弁護士業務を行うことが多い。

良い例が、笠井浩二(東京) 伊関正孝(東京)などであろう。野蛮吉田と藤勝のような関係は珍しい事ではない。若手が集まり大量のリスティング広告を出稿する弁護士事務所でも、競馬情報詐欺やパチンコ必勝法詐欺業者を「顧客」にして犯罪収益を「値切る」作業を行っていたことも筆者は確認している。

食えない弁護士は積極的に詐欺集団・犯罪集団に接近し「シノギ」をもらい糊口をしのぐのである。

マンションデート商法の首魁で、脱税で東京地検特捜部に起訴された、松尾眞一と蓮見弁護士の関係も同様である。

この松尾が起訴された際の記者会見に蓮見弁護士が同席していたことは事実である(蓮見から名刺をもらった記者が複数います)しかし、蓮見弁護士は松尾と同席していた事実を否定しているそうである。

蓮見弁護士と松尾は一緒に、犯罪組織の金主であるNPO主催の女に会いに行く仲である。この事実もどうせ否定するのだろうが真実については本人たちが一番よくお分かりだろう。

刑事被告人の弁護に最善を尽くすことは弁護士の職務であり当然のことではあるが、犯罪の助長や隠蔽は弁護士の業務であるはずがない。

このような犯罪幇助的な弁護士を野放しにしていて良いはずがない。今後も筆者は犯罪に与する弁護士らを積極的に公開していく。

東京弁護士会の人権救済申立事件への違和感

2015(平成27)年10月20日東弁27人第263号人権救済申立事件の概要は以下のとおりである。

相手方の申立人に対する書籍(男性同士の性行為等が掲載された成人用雑誌、男性同士の恋愛や性行為等の場面を描写した漫画及び小説等合計22冊)の閲覧禁止措置等の行為は、憲法上保障されている申立人の図書の閲読の自由を侵害するものであるので、再びこのような人権侵害に及ぶことのないよう、警告した事例。

http://www.toben.or.jp/message/testpdf/20151020.pdf

確かに図書の閲読の自由があるのは分かりますが、拘置所の危惧はもっともだと思います。

人権救済にあたるような事案なのか、筆者には理解しかねる内容である。

こういう事を書くと、同性愛者への差別と言ってくる方もいるだろうが、決してそういう事ではない。

拘置所でどうしても読まなければならない書物ではないだろうし、人権を侵害しているとは思えないだけである。

弁護士の局部切断事件の初公判 被害者弁護士の名前は既に周知のことであるにも関わらず非公開

産経新聞は28日付で「弁護士の局部切断の男、起訴事実認める 氏名隠し、冒頭陳述延期…異例の初公判 東京地裁」として以下の記事を配信した。

自身の妻との関係をめぐりトラブルになった弁護士の男性(42)の局部をはさみで切り落とし重傷を負わせたなどとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われた元プロボクサーで元慶応大法科大学院生、小番一騎被告(25)の初公判が28日、東京地裁(安東章裁判官)で開かれた。小番被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。裁判所は被害者名を伏せて進行する方針を示したほか、弁護側の意見を受け冒頭陳述が延期されるなど、異例の初公判となった。

公判冒頭で安東裁判官は、被害者男性の氏名や事務所名などを伏せて進行する方針を明らかにした。

弁護側は、起訴状朗読と罪状認否の後、「(公判前に受け取った)検察側の冒頭陳述には、被害者と小番被告の妻とのメールのやり取りなど事件とは関係性の薄い内容が多く含まれており、そうした部分の読み上げには同意できない」と主張。検察側は「この事件を理解するには過去の経緯が重要で、全体の読み上げが必要だ」と反論したが、裁判官は弁護側の意見を取り入れ、冒頭陳述は次回に延期された。

小番被告は丸刈りで、ノーネクタイに白いシャツ、黒いスーツ姿だった。

起訴状などによると、小番被告は今年8月13日、東京都港区虎ノ門の弁護士事務所で、自身の妻との関係をめぐりトラブルになっていた弁護士の男性の顔を数回殴った上、はさみで男性の局部を切り落とし、顔や局部に全治約1年の重傷を負わせたなどとされる。

引用以上

今さら被害者の氏名や事務所名を伏せても仕方ないはずである。インターネット上ではこの珍事件の被害者は既に特定されているのだから。被害者弁護士自らが、「自分の不徳が原因で発生した事件だから、名前を公開してください」などと申入れれば、なかなか骨のある弁護士だなと見直すのだが、この現状では自分の様々な能力を過信し暴力に屈した人物としか判断できないのが残念だ。

この事件の現場となった法律事務所のボス弁も何かしらコメントぐらい出したらいいと思うのだが、あくまで「個人」のトラブルとしたいのだろう。

痴情事件の分析は、私の分野ではないのでこれ以上の論評は控えるが、被害者弁護士にはすべての事実を自ら明らかにして、後進の弁護士への戒めにするべきであろう。

弁護士などに関する自由な議論・批評を

弁護士の使命及び職務について弁護士法は

第一章 弁護士の使命及び職務

(弁護士の使命)

第一条   弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。

2   弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。

(弁護士の職責の根本基準)

第二条   弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない。

(弁護士の職務)

第三条   弁護士は、当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によつて、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件に関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする。

2   弁護士は、当然、弁理士及び税理士の事務を行うことができる。

以上のように定めている。

基本的人権を擁護し、社会正義の実現を使命として、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならないと定めてれているのだから、この使命を忘れた弁護士を批評することは大切な事である。

弁護士は弁護士法の使命から考えれば当然のように「公人」であり、その職務が批評の対象になることは当然のことであると受け止めねばならないはずである。

そのような意味から、弁護士についての批評・議論は大げさに言えば民主主義を維持し、法の支配の公正さを保つためにも絶対に必要なのである。

今までは司法ジャーナルに弁護士自治への問題提起や、悪徳・欠陥弁護士情報を投稿してきたが今後は当ブログで情報発信を行うことにした。

欠陥弁護士・悪徳弁護士・犯罪弁護士に関する情報や国民に利益に相反する弁護士自治の問題などについて、粘り強く情報発信をしてゆく所存です。